審美歯科

美しさを提供する治療

審美歯科は、一般的な保険治療では行えない審美性(美しさ)を提供する治療です。

一般的な保険診療では、むし歯の治療を行うと削ったところや欠けているところに銀色やプラスチックの詰め物をします。

保険治療での目的は「機能の回復」という視点の治療であるため、どうしても「見た目の美しさ」で満足のいく治療を受けることはできません。

それに対し、審美歯科は、機能的回復に加え、「見た目の美しさ」も満たす治療を行いますので、「むし歯治療の痕が気になる」、「むし歯を治療したいが、きれいに治したい」という方に最適の治療です。

一般的に、治療目的以外の処置には保険が効きません。

治療目的以外の処置とは、予防目的のもの、美容のみを目的としたもの、などのことです。

当歯科医院内で見ていただいている治療の説明DVDをWeb用にしてUPしました

画像をクリックするとムービーが出ます

様々な審美治療のご紹介

エステニア

「セラミック」と「プラスティック」の複合材料です。

強度・色調は、ちょうど両者の中間的位置にあり、陶材のように硬すぎることがなく金合金とほぼ同じ硬さであるため、噛み合う歯を摩耗させにくく噛み心地も自然です。

価格も比較的お手ごろです。

メタルボンド

金属のフレームにセラミックを焼き付けた素材です。

金属が補強の役割を果たしており耐久性がエステニアなどよりも強く、奥歯のクラウン(被せ物)やブリッジの治療に用いられることが多くあります。

メタルボンド症例1

メタルボンド症例2

オールセラミックス

とても綺麗で白く自然な歯と区別がしずらい、陶器で出来た素材です。その美しさから前歯など見える場所への治療で使用されることが多く、金属アレルギーなども関係ないため、人気の高い素材です。

オールセラミックス1

オールセラミックス2

ゴールドインレー

長期的に使用出来るという大きな利点を持った金の素材です。

歯と同じような硬さの為、違和感なく噛みしめることが出来ます。ただし、金色なのでいかにも治療の跡という印象が出てしまうために前歯で使用する方は少数です。

目立たず、噛みしめる事が多い奥歯で使用するケースが多い素材です。