入れ歯

入れ歯に「フレキサイト」を使用しています

弾性樹脂が不可能を可能にしました。

フレキサイトは、アメリカRapid Injection System社によって開発された、約30年近くの臨床実績を持ついままでとまったく違うユニークな義歯床用樹脂です。
床が従来のレジンではなく、熱可塑性ポリアミド(ナイロン)弾性樹脂を使用しているため、歯に接触する床部分を薄く作るほどその弾性が増し、歯牙をしっかりと挟み込むので、留め金(クラプス)を使用せずに義歯が作製できます。いままで不可能だった、鈎歯の下の歯肉にまで樹脂を回り込ませる設計が可能で、歯肉の形状にぴったり調和させ、生活上のどんなたわみにも、フレキシブルに対応させることができます。

汚れがつきにくくノンアレルギー

工場で完全に品質管理された熱可塑性樹脂なので、残留モノマーが無く最近問題になりつつあるアクリルモノマーに対するアレルギーの心配がありません。吸水性も従来のレジンに比べ格段に低く、樹脂内部まで汚れ、臭いが染み込んだりせず、不快な口臭の発生を抑えることが出来、衛生的です。

  • 主な成分は外科の縫合用のナイロン糸です。
  • 吸水性は今までのものの約10分の1です。
  • 比重が軽いため、装着による違和感が少ない。
  • 寸法変化が少ない。
  • 熱によって修整可能です。
  • FDA(米国食品医薬品局)認可の商品です。
  • 米国を中心にオーストラリア、オーストリア、ポーランド、日本、イスラエル、カナダ、メキシコなどでも導入済です。