無痛治療

レーザーによる無痛治療

レーザー治療について

当歯科医院では、歯科用レーザー『Nd:YAG(エヌ・ディー・ヤグ)レーザー』を使用して高度最先端治療であるレーザー治療をおこなっております。
レーザー治療はレーザー光(非常に高いエネルギーを持った人口の光)を利用してほとんど痛みのない状態で行う治療法です。
主に、虫歯の治療・予防(歯の表面強化)、知覚過敏、口内炎・義歯の接触痛、歯周病(歯槽膿漏)、根管治療、レーザー麻酔、止血、顎関節症、歯ぐきの黒ずみなど様々な治療を行うことが可能です。

 

どんなメリットがあるの?

  • 当歯科医院で使用しているレーザーには痛みを軽くする効果があります。
    傷や口内炎など口の中の痛みは小さくても気になるものです。レーザーで処置をすることにより痛みも早く取れ、治りも早くなります。
  • レーザー光は、特定の物質にしか反応しない特長があり、健康な歯には何も影響せず、虫歯菌に冒された歯のみを除去することができるなど、「健全で健康な部分」を傷つけることなく安全に治療できます。
    口腔内および人体に対する安全性は十分に立証されており、妊娠中の方やペースメーカーをご使用の方も安心して治療を受けることができます。
  • 歯磨きの時に出血するのは歯周病の危険信号です。
    レーザー治療により、歯周の中の膿を出し雑菌を減少させ出血を抑えることが出来ます。
  • レーザーで歯の表面を処置すると酸に対する抵抗力が通常の予防剤より格段に高くなります。
    もちろん歯磨きは必要ですが、お子さんの虫歯の原因となる酸から歯を守るためにもレーザーで歯質強化をしましょう。

電動注射器による無痛治療

安全で、痛みが少ない電動注射器

当歯科医院では、歯科用電動注射器『カートリーエース・プロ』を使用して麻酔注射をおこなっております。
歯科用電動注射器って通常の注射器と「どう違うの?」「どうして痛みが少ないの?」という方のために簡単にここでご紹介させていただきます。

 

何が違うの?

「電動」なので当然「手動」ではないという違いがありますが、決定的な違いは針が"細い"ということです。極細の針で麻酔液を注入することはもはや人の手の感覚では難しいレベルなのです。そこで誕生したのが電動注射器です。それではなぜ針を細くしたのでしょうか?それは下記で明らかになります。

どうして痛みがないの?

痛みが少ない一番の理由は"針が細い"ということです。注射針は針が太いほど痛いものです。蚊に刺された時にあまり痛みを感じないのは蚊の針が極細だからです。しかし、針が細くなればなる程、麻酔液の通過する速度が落ちます。つまりゆっくりと注入しないと麻酔液が通過できないのです。針が細いのに、同じ麻酔液量を同じ時間で通過するのには強圧で押し込まなければなりません。
ところが急激な強圧による薬液の注入は痛みを増強します。一定のスピードでゆっくりと安定して注射液を注入する。これにより痛みの極度に少ない注射を可能にしたのです。