知っていますかこんなことの最近のブログ記事

市町村によっては妊娠中期(5ヶ月~7ヶ月・16週~28週)の安定期に入ってから、無料で妊婦歯科健診を受けることができるサービスがあります。お住まいの地域のサービスを調べたうえで、母子手帳を持って指定された方法で健診を受けましょう。痛む歯がなくても自覚症状がない初期のむし歯や歯周病を発見できます。
重い歯周病にかかった母親は、早産や低体重児を産むリスクが高いことが報告されています。これは、歯周病にかかった歯周組織が作り出す"炎症性物質"が血液中に入り込み、子宮の収縮に関係しているからだと考えられています。
個人差のあるつわりですが、吐いてばかりで脱水状態になり、点滴が必要になるケースさえあります。歯ブラシを口に入れるだけで吐き気がして、歯みがきどころではないといった声も聞かれます。
妊娠中期以降は日常の動作が緩慢となり、歯みがきなども面倒になりがちです。歯みがきの回数が減ったり、時間が短くなるなどが原因で妊婦にむし歯や歯周病が多くなるとかんがえられています。
また、つわりで胃液(強酸性)の逆流が起こる人は、歯の表面が溶ける危険性が高まります。
唾液には、消化を助ける働きのほかにも食べカスを洗い流す「洗浄作用」、酸性に傾いたお口の中を中性に戻す「緩衝作用」、病原微生物に抵抗する「抗菌作用」などの大切な働きがあります。
また唾液に含まれるカルシウムが歯に取り込まれて「再石灰化」することで初期のむし歯の修復に役立っています。
妊娠中、この唾液に変化が生じて、むし歯になりやすい状況を作っていることが知られています。
妊婦の一部には唾液量が減少する傾向がみられ、洗浄作用や抗菌作用が弱くなり、むし歯の原因菌が増えることにもつながります。
さらに、一部の妊婦では唾液が酸性側に傾いており、そうした変化でもむし歯が生じやすくなると考えられています。
胎児の発育には欠かせない女性ホルモンの変化ですが、歯やハグキにとっては、必ずしも良いことだけではないようです。
女性ホルモンが増えると、全身の血管透過性が高まります。血管透過性とは、血管の内外で水分や物質が行き来することを指しています。
ハグキで血管透過性が高まると、わずかな細菌増殖の刺激でもハグキは容易に腫れあがってしまうのです。またある種の歯周病菌が、女性ホルモンによって発育を助けられ、口腔内でその数を増やすことがわかっています。これも、ハグキにトラブルを起こす原因の一つになります。
子宮が大きくなるにつれ胃が圧迫され、一度に必要な量の食事が摂れなくなり、「ちょこちょこ食べ」や「だらだら食べ」が増えてしまいます。
また、酸味の強い食品や、市販の清涼飲料水、さらには甘味菓子などを飲食する回数が増える傾向にあるようです。
こうした食習慣の変化が歯やハグキのトラブルを招くことが知られています。
→続く
妊娠する前にきちんと健診を受けて不安を解消しておくことが大事であることは言うまでもありません。
自分では特に気になることが無くても普段から定期検診を受ける習慣を持ちましょう。
それでも問題が起きたらどうするか。そうなんです。妊娠中だからこそ起こる口の中の異変だってあるんです。

2.妊娠中の食習慣の変化 へ続く