PRP再生療法によるインプラント

PRP再生療法とは?

患者さんが持っている自然治癒能力を応用した骨再生療法です。

インプラントの新しい治療技術「PRP再生療法」

失ってしまった歯の代わりに人工歯根を埋め込み、自然の歯とまったく同じ機能を提供してくれるインプラントは、今までと変わらない不自由のない生活を送りたいという患者様にとって夢のような治療です。

しかし、インプラントには埋め込む顎の骨が充分でない患者様にはそのままでは治療できないという欠点があります。この欠点を補うために、骨を造る処置である骨造成術や骨移植術が生まれ、その技術も年々進歩してきました。

今では、自分の生きた細胞から失った組織を再生させようとする新しい医療が注目を浴びています。その結果生まれたインプラント治療技術が、治りが早く痛みが少なく身体にやさしいと評判の骨造成法「PRP(多血小板血漿)再生療法」です。

ニューヨークヤンキース 田中将大投手、読売ジャイアンツ 山口鉄也投手などもPRP療法によって手術を回避したと報じられています。

PRPとは?

PRPは採取した血液を遠心分離機にかけて血小板を分離・濃縮したもので、血小板の良いところだけを集めた組織成長因子の集合体と言えます。

身体にやさしい「PRP(多血小板血漿)再生療法」

prp.JPG

PRP(多血小板血漿)の骨の再生や傷の治りを早くする性質を利用して、あごや歯ぐきの骨の再生をおこなう骨再生術です。

患者様自身から採取した血液よりPRPを精製して使用します。

PRPは凝固反応する時に、PDGF・TGD‐β・VEGF・EGFなどの様々な組織成長因子を放出します。
また、PRPが凝固反応をおこし形成されるフィブリン網(かさぶたのようなもの)が遊走してきた骨芽細胞や線維芽細胞の足場となり、創傷治癒が促進されると考えられています。

このようにPRPの働きにより、骨再生能力が最大限に高められ、より確実に、より早い造骨が可能となり、また患者から採取した血液から精製するため、免疫拒絶反応もなく安全に使用することができます。

血小板とは?

広く一般に、血小板(platelet)は、血液に含まれる赤血球などと同じ細胞成分の一種で、怪我などにより出血した時にその傷口をふさぎ、出血を止める働きがあるとして知られています。

血小板には多くの組織成長因子が含まれ、これらの成長因子が傷ついた部分を再生するとともに、細胞の数を増加させたり新しい血管を作ったりといった役割を担っています。